会計事務所・税理士事務所を知る

個人事業主が税理士に依頼するタイミングはいつ?いくらから?

\この記事でわかること/

・税理士に依頼できる業務

・税理士に依頼するタイミング

・税理士に依頼したときの費用の相場

・いい税理士の選び方

・会計事務所や記帳代行業者との違い

 

事業が軌道に乗ってくると負担になるのが経理処理。

税理士に依頼したいけどタイミングや費用を知りたい。

そんな方向けの記事です。

 

税理士に依頼できる業務

税理士は税のスペシャリストです。

税に関するあらゆることを任せることができます。

記帳代行・申告業務

 

めんどくさくて難しい経理処理。

経理を雇うのにもコストがかかりますよね。

丸投げして本業に集中しましょう。

 

記帳代行

 

別名、経理代行。

会計ソフトの入力をします。

レシートや請求書を渡すだけでOK。

個人事業主の負担を減らすことができます。

 

申告業務

 

確定申告をします。

確定申告は本人か税務代理権限がある税理士しかすることができません。(税務代理の権限は後述)

きれいな決算書を作成してもらえます。

税務代理

 

簡単にいうと、 ”用心棒” です。

税務調査に立ち会い、あなたを守ってくれます。

申告・申請・請求や不服申し立ての代理代行など、税に関することを全て代理で行います。

 

顧問契約をして、用心棒になる権利を ”税務代理権限” といいます。

税務署から問い合わせがあっても内容がわからないことがあります。

そんな時に税務代理権限のある税理士が代わりに対応してくれます。

 

税務相談

 

税に関する個別の相談は税理士の独占業務です。

有償・無償に関係なく税理士しかアドバイスをしてはいけません。

 

税理士に依頼するタイミング

税理士に依頼するタイミングは経営方針によってことなります。

以下にあてはまるのであれば依頼をおすすめします。

事業を大きくする気がない、税金をできるだけ払いたくない

 

税金を払わなくて済む方法は、利益を少なくするか赤字(マイナス)にすることです。

とはいえ事業に関係ないレシートを経費にしてはいけませんし、経費を使いすぎると資金繰りが悪くなります。

 

開業費を償却したり、経費にできる個人事業主向けの年金があるなど、節税対策はたくさんあります。

税理士に相談してみましょう。

 

年間の売上が1000万円前後ある

 

年間の売上が1000万以下だと消費税は免税になります。

受け取っている消費税を儲けにすることができるのです。

 

1000万円を超えると課税になります。

消費税の申告は難しいので、このタイミングで依頼する人が多いようです。

 

融資を受けたい

 

融資に強い税理士に相談しましょう。

融資の時に必要な試算表を作成してもらえます。

 

素人の提出書類は見るに堪えません。

税理士が作成すると信用も担保されるので必ず依頼してください。

 

なぜ信用が担保されるのかというと、税理士は虚偽の書類を作成すると罰せられるからです。

虚偽の書類の作成をしつこく強要すると、税理士が顧問契約の解消を申し出てきます。

 

事業を大きくしたい、法人を設立したい

 

顧問契約必須です。

法人の申告は素人では無理です。

 

事業を大きくするには手元にお金を残すことが大切です。

そのあたりのアドバイスも受けましょう。

 

税理士に依頼したときの費用の相場

以下は事務作業の料金の相場です。

訪問を入れると+1万/月くらいになると考えてください。

予算がない場合は記帳は自分でして、申告のみ依頼することもできます。

記帳代行

 

相場:2~10万円

売上の大きさによって金額が決まる場合がほとんどです。

個人事業主が経営している小さな飲食店であれば、2~3万円で受けてくれるところも。

 

申告業務のみ

 

相場:15万円~

小さな事業者でもこれくらいは最低かかります。

 

税理士事務所の選び方

税理士の選び方は、将来どうしたいかによって大きく変わります。

顧問料や決算料、決して安くはないので経費としていくらまでOKか予算をどうするのが考えてみてください。

また、1回顧問契約をしたら、よほどのことがない限り、3年は同じ事務所を続けてください。
頻繁に顧問契約を変えると、税務調査に当たる可能性が高くなります。

事業所近辺で検索する

 

メリットは事業所を実際に訪問してもらえることです。

現場を見た方がより良いアドバイスができることは言うまでもありません。

 

また、近くにいるという安心感があります。

予算で探す

 

予算を比較しながら探すのであれば税理士紹介専門サイトがおすすめです。

合い見積もりを取れるように何件か問い合わせるなおいいです。


 

専門を見つける

 

・YouTube専門
・仮想通貨専門
・物販専門

など業種に特化した税理士事務所があります。

その場合はツイッターで宣伝していることが多いので、検索してみましょう。

 

いい税理士を選ぶポイント

いい税理士とは、

・コミュニケーションが円滑
・丁寧でミスがない

ということだと個人的に考えます。

 

『ミスがないって当たり前やん・・・』と感じるかもしれませんが士業に限っては例外です。

専門知識がゆえ、ミスをしてもバレにくいですから。

顧問税理士に対して不満が貯まってしまったら、セカンドオピニオンをおすすめします。

 

ハズレ税理士事務所に当たらないように、次のことに気を付けましょう。

 

自分と年が近いまたは若手のトップがいるところにする

 

老害はやっかいです。先生だからとおごり高ぶって、顧客の話を聞きません。

会計業務や申告は税法に則って処理するので、能力の差は存在しません。

気が合う先生にお任せするのが一番です。

”ヤブ”を避ける

 

ヤブ医者がいるように、ヤブ会計士やヤブ税理士も存在します。
個人の事務所は特にアタリハズレがありますので気をつけてください。

 

コミュニケーションが一方的

 

サラリーマンのような競争社会がキライな人、雇われがイヤだから独立できる業種についているという人は多数います。

クセが強く、会話になりません。

 

あいまいに返事する

 

わからないオーラが出ているのに返事をしてしまう先生や営業の人は非常に危険です。

ミスを平気で隠すかもしれません。

損するのは顧客なので見極めたいところです。

SNSを確認する

 

よさそうな税理士事務所を見つけたら、SNSも確認してみましょう。

人柄がわかったりします。

見知らぬ人に会計を任せることになるので、信頼できそうと思える方にお願いする方がいいですよね。

 

税理士事務所と○○のちがい

税理士事務所と似ている ”会計事務所” と ”記帳代行業者” について解説します。

会計事務所

 

税理士事務所と変わりません。

八百屋と青果店の違いのようなものです。w

 

記帳代行業者

 

予算があまりない場合に記帳代行を考えるかもしれません。

記帳代行業者は無資格なので申告業務はできません。

同じお金を払うのであれば、税理士事務所の方が専門的なので費用対効果が高いです。

 

まとめ

 

税理士事務所は、ヤブを選ばなければ大差はありません。

税金のプロを味方につけて事業をよりよいものにしていきましょう。

コミックシーモア読み放題