税理士事務所・税務署

【転職】会計事務所と税理士事務所の違いは?資格・スキル・面接対策

会計業界で転職するなら会計事務所と税理士事務所がおすすめ

会計業界はオワコンと言われていますが、完全にはなくならない業界です。

なぜなら、

・事務作業が嫌いな個人事業主はたくさんいる

どんなに経理が簡単にできるようになっても事務作業が嫌いな人は一定数います。

・経理を雇うより安くて確実

人件費節約にはまず外注です。

顧問料(会計業務とアドバイスをするための報酬)は小さい会社だと数万円~可能なので、低コストです。

また、決算のみ依頼することも可能なので、顧問料を抑えるために月次の会計は自分でするとさらにコストを下げることができます。

以上の理由により、会計業界はまだ需要があります。

次にママにおすすめな理由を紹介します。

育休明けに応募してみてはいかがでしょうか。

 

アルバイト・パートのメリット

・自分のペースで仕事ができる

自分の担当が決まっており、締めは月次決算(毎月)と申告時(年1回)にあります。

規模が小さい個人事業主などは月次決算が必要なく、比較的自分のペースで働くことができます。

・子供が大きくなったら社員登用可能

税理士は独立前提でなるため、終身雇用の概念がありません。

定期的に人員不足になるので社員になりやすいです。

・経理に転職も可能

様々な業種の会計処理をするので、どこでも通用する経理になれます。

 

どんな仕事?

・税理士の資格を持っていない場合、記帳業務がほとんどです。

記帳業務とは、個人事業主や法人のレシートや請求書を会計ソフトに入力することです。

決算月には決算仕訳や消費税を計算しますが、自分の能力に合わせてやるので、最初からできなくてもかまいません。

・年末調整、支払調書

事務所に入ってから教えてもらえるので、できなくても大丈夫です。

 

給料は?

時給1000円~スタートが多いです。

もちろん能力や経験で上がっていきます。

会計事務所と税理士事務所の違いは?税理士法人って何?

違いはありません。w

どちらに応募しても業務内容は変わりません。

税理士事務所は個人事業主なのに対し、税理士法人は法人です。

どんな資格が必要?

日商簿記3級もしくは2級の資格、または同等の知識が必要になります。

資格取得の手段は簿記を勉強する方法を参考にしてください。(読み進めていってくださいね)

YouTubeなら無料で学習できますよ。

無資格でもスタートできる?

経理経験があったり、求人広告に初心者OKとうたっていれば可能です。

繁忙期は?

・12~1月

年末調整、支払調書

納期の特例

・6月~7月

納期の特例

・12月~3月

個人事業主の確定申告

12月~3月が1番忙しいです。

会計業界の基礎知識:公認会計士と税理士

公認会計士

概要:弁護士、医師、公認会計士は3大士業と言われます。難易度の高い公認会計士の資格取得と実務経験を何年か積むとなることができます。
公認会計士は税理士登録することができ、税理士を名乗ることもできます。

職務内容:監査業務が中心です。監査とは簡単には会社の経営の健康診断をすることです。

キャリアプラン:会計学校卒業後、監査法人に入社して経験を積んだのちに独立がメジャーな流れ。
転職年齢が遅いとやりずらい傾向にあり、転職にはおすすめできません。

税理士

概要:税金のスペシャリストです。難易度の高い税理士資格取得と実務経験を何年か積むとなることができます。

職務内容:記帳代行、申告業務、経営のアドバイスなどです。税理士の資格が

※申告・・・個人事業主の確定申告や法人の決算申告のこと。記帳は無資格でできるが、申告は代理権限証書を持っている税理士しかできない。
※経営のアドバイス・・・経営分析には様々な方法があり、決算書を元にアドバイスしたり、融資が受けられるように手助けをする。
税金のアドバイスは税理士の独占業務であり、無資格ではできない。

キャリアプラン:会計事務所や税理士事務所に勤務しながら税理士の勉強をして目指す。資格に合格後、独立。
中途採用が多いため、がんばればいつでも目指すことができます。
税理士の資格が取れなくてもフリーランスで記帳代行も可能。


面接対策

呼び方

・公認会計士や税理士の資格を持っている人は『先生』と呼びます。
呼び方のせいで(?)士業はおごり高ぶっている人が大変多いです。w

・『御社』ではなく『貴事務所』と履歴書に書きましょう。

アピールポイント

・速さ
・正確さ
・処理能力

数字に関連した職務能力を重要視します。
客観的に評価しやすい能力をアピールしてから熱意を伝えましょう。

簿記を勉強する方法

・職業訓練

・YouTube

・学校

・通信教育


おすすめの求人サイト



雇用のミスマッチを防ぐために

異業種からの転職は楽しみであり、不安ですね。

長く勤めるためのコツをまとめてみました。

経営者のクセが強い!?

経営者のクセが強いのは個人事業主や中小企業に限ったことではありません。

先生は数字に対しては理論的でも、普段の振る舞いは感情丸出しです。

几帳面なイメージがあるかもしれませんが整理整頓ができない先生はいっぱいいます。

理想を大きくし過ぎないことが大切です。

質問の前にグーグル先生

会計ソフトの新規導入や税改正など環境が変わる要素が多い職場。

基本的なことは教えてもらえますが、自分で勉強する姿勢が大切です。

まずは自分でグーグル検索をして、理解に間違いがないか質問すると相手も説明しやすくなります。

コミックシーモア読み放題