ライフイベント

生活保護制度とは?市役所に相談する前に申請できるかチェックしよう

生活保護制度とは?

厚生労働省のホームページにはこう書かれています。

資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度です。(支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なります。)

市役所の『生活保護課』(地域により名称は異なる場合あり)に相談に行きましょう。

扶助の種類

以上の様に様々な扶助が受けられますが、注意点や補足があります。

住宅扶助

家賃は世帯数によって上限があります。

共益費は生活扶助でまかなわなくてはなりませんので、注意してください。

医療扶助

扶養から外れて社会保険を支払っている場合、働いている人は会社の保険証を使用することになる為、無償になりません。

生業扶助

『小規模な事業を行うための資金』と『資格所得・技能習得費用は』ケースワーカーさんに直接説明を受けてください。

高等学校就学費・・・高校に通うための費用一式

就職仕度費・・・就職するために必要なスーツ代等、諸費用

 

最低生活費とは

 

受けることのできる扶助の合計額です。

詳しい金額は市役所で試算してもらうことができます。

申請する前のチェックリスト

・お金も資産もない、貯金は生活扶助の半分以下

資産は具体的に、土地、不動産、保険(掛捨てでなく積立型)、投資商品(株・債券・投資信託)などです。

市役所は収入や資産を調べてもいい権限を持っているので、虚偽の報告はやめましょう。

・親や兄弟、子どもは別世帯かつ援助することができない

生活保護を申請すると、これらの親族に、市役所から援助可能か確認の電話や郵便がいくことになっています。

親族にも生活があるので援助を断ることができます。

逆に一部でも援助できる場合、収入分は最低生活費から差し引かれます。

・労働や年金収入だけでは生活ができない

最低生活費から収入を引いた金額が支給されます。

・病気や障がい、老いのせいで働けない

働くことが可能であったり、若いと保護を受けられません。

 

注意事項

・車が持てない(仕事で必要な場合など例外あり)
・貯金できない
・匿名通報がある

例えば高校生のアルバイト代です。

生活保護をよく思っていない人が、生活保護を受けている家庭のこどもがバイトをしているのを発見し、所得隠しを防ぐために市役所にたれこむのです。

成人女性の場合、彼氏ができて頻繁に家に訪れるようになると、彼氏からの援助を疑われて通報されることもあります。

生活保護はあくまで一時的な対処

事情がある場合を除いて、生活保護は一時的なものと考えて、自立に向かって努力することが大切です。

なぜなら資産形成ができないからです。

パソコンの所持は問題ないので、自立の第一歩として副業するのもいいと思います。


(収入は必ず申告してくださいね)

貯金をできるようにがんばりましょう。

☟親が65歳で生活に困っていたら、こちらの記事も参考にしてみてください。☟
【国運営推奨】65歳以上の高齢の親がお金に困ったらリバースモーゲージ



コミックシーモア読み放題