リバースモーゲージ

【国運営推奨】65歳以上の高齢の親がお金に困ったらリバースモーゲージ

この記事はわかりやすさを重視している為、簡単な言葉で簡潔に説明しています。

詳細は各自治体の『社会福祉協議会』へお問い合わせください。



高齢になった親の面倒について悩んでいませんか。

特に金銭面にかんしては介護や少ない年金受給など様々な問題があります。

元気なうちに対策はしっかりとっておきたいものです。

そこで、65歳以上から申請できる、リバースモーゲージの紹介をします。

選択肢の一つとして覚えておいて損はないと思います。

リバースモーゲージとは

自宅を担保にして借金をし、自宅に住み続けることのできる制度のことです。

国の運営(社会福祉協議会)と民間の運営(銀行)に分かれます。

 

国の運営は所得の少ない高齢者世帯の生活支援を目的に運営しています。

高齢者が生活に困り、市役所で生活保護の相談をした場合に勧められるケースが多いです。

民間の運営はお金の使い道に制限はありません。

元金の返済期限は居住者が亡くなったあとになるので生きている間生活に困ることはありません。

 

 

民間の活用例

民間は生活にゆとりを持たせる意味合いが強いです。

金融機関(銀行)で相談してみてください。

・年金代わりになる

少ない年金の足しにできます。

・有料老人ホームへの入居資金に

一人暮らしが不安な方に。

・住宅ローンの借り換えに

利息分の支払のみで済みます。

 

国が運営しているリバースモーゲージの対象者と条件

・65歳以上

民間の金融機関によっては55歳など早い年齢から契約できる場合もあります。

国が運営している場合は65歳以上です。

・一定の所得を超えていない

生活に困窮している低所得者でなければなりません。

・貸付金額は1ヶ月あたり30万円(または生活扶助基準額の1.5倍)

※生活扶助・・・生活保護制度で定められている8種類の扶助の1つ。生活費のようなももです。

 

相談先

市役所の生活保護の相談を受け付けている課で電話番号など教えてもらうことができます。

市役所では手続きできないので注意してください。

または各自治体の『社会福祉協議会』で検索してみてください。

注意

・民間は金利が高い

契約内容は必ず確認してください。

・詐欺に注意

リバースモーゲージのような説明で、物件を乗っ取る詐欺が存在します。

訪問、知人の紹介は注意してくださいね。



コミックシーモア読み放題