トレンド記事

【4月14日更新】コロナ融資とは?個人事業主と中小企業必見【随時更新】

この記事は2020年4月14日の情報を元に作成しています。

当ブログで得た情報は、くれぐれも自己責任でご活用ください

 

*この記事でわかること
・コロナ融資とは
・コロナ融資の申請方法
・コロナ融資の注意点

 

コロナ融資とは

コロナ融資とは、 ”新型コロナウイルス感染症特別貸付” のことです。
融資後3年目まで実質無利子になります。

日本政策金融公庫(通称:国金・公庫)で融資を受けることができます。
新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化を来している個人事業主(フリーランス)や中小企業が対象です。

参考:日本政策金融公庫

かねち
かねち
公庫は地域ごとに支店がありますので最寄りを調べてみてくださいね。

コロナ融資の申請方法

コロナ融資は自身で申請することが可能です。
ですが、できれば公認会計士事務所や税理士を通す方がいいです。

彼らは公庫と日頃より関係を築いています。すなわち公庫の受付に行かずに決済担当者に直接話をつけることができます。
融資をより確実に受けるための必要な投資です。

申請書ダウンロード

日本政策金融公庫のダウンロード画面

郵送で申請しましょう。
コロナ感染者が出た支店もあり、直接行っても受付てもらえないかもしれません。

最寄りの支店の電話番号を知りたいときは、 ”日本政策金融公庫 支店一覧” と検索するとヒットします。

Q&A

新型コロナウイルス感染症特別貸付等に関するQ&A(令和2年4月8日現在)

新型コロナウイルス感染症特別貸付の拡充内容に関するQ&A

コロナ融資のメリット&活用例

メリット

コロナ融資は3年目まで実質無利子で融資を受けられることが最大のメリットです。
運転資金をしっかり確保したいですね。

活用例

実はコロナ融資は、コロナウィルス以前より経営状態が悪い方には絶好のチャンスです。
普段は追加融資を受けられない方も今回は通る可能性が高いからです。

少し前までは日本政策金融公庫に問い合わせや申請が殺到しているため、審査がザルだという噂がありました。
エクセルで売上の表を作成しただけでもOKな支店があったとか!!?

今は郵送受付が主ですので、融資を受けるには試算表や申告書・決算書などのエビデンスを用意しましょう。
わからないことはお近くの支店に問い合わせてみてくださいね。

コロナ融資の注意点

申し込んでもすぐ融資が通りません。
4月14日現在申し込むと5月に確認作業、6月に融資くらいのペースのようです。
最低2~3カ月の運転資金がなければ、融資の前に倒産してしまいます。

融資を申し込むには試算表や申告書・決算書などのエビデンスが必要です。
つまり申告を行っていることが前提になります。
申告をしていない方は対象から外れます。

今まで無申告だった方は今回を機に申告をして、税理士と顧問契約しましょう。
コロナ融資を受けるために今まで無申告だった方が、過年度分の確定申告書(過去確定申告書)の作成をしてほしいというを依頼が増えています。

正直申し上げると、この依頼は無謀です。

理由1:既存の顧問先のコロナ融資の手続きで手が回らない

理由2:無申告で税金を払わないケチが顧問料を払うとは思えないので関わりたくない

理由3:過年度分を作成するのは時間がかかるので、申告書を作成するのに数カ月かかる可能性がある

顧問契約をしているとあらゆる事態にも迅速に対応してもらえます。
必要経費と心得えましょう。

かねち
かねち
ナイトクラブやキャバレーの従業員が営業自粛を受けて生活に苦しんでいるのは無申告の場合が多いためです。

 

 

 

 

 

コミックシーモア読み放題